大恋愛を成就!100年前の祖母の恋愛おもひで話|中編

スポンサーリンク
恋愛/家族/生き方
スポンサーリンク

この記事は私が子どもの頃に祖母から聞いた、祖父母の出逢いの昔話です

祖母が話を盛っていなければ、ノンフィクションです(笑)

前編はこちら⬇️

『おばあちゃんが子どもの頃な▪▪▪』と昔話を始めた祖母 

それは

スポンサーリンク

京都出身であった祖母の話▪▪▪

  • 祖母は京都のお医者さんの娘だったこと
  • 名前が【サツコ】から、小学生になったときに【タツコ】になったこと ※祖母が生まれたとき、文字の書けないおばあちゃんが口頭で出生届けをした際に、伝言ゲーム的な間違いが起きたみたいです
  • お医者さんのお父さんが行方不明になったこと
  • お母さんは病気でなくなったこと
  • 従兄弟の家で養子として育ったこと
  • 仕事で京都に来ていた田舎の青年と出会ったこと

そして、田舎者の青年とは、私の祖父なんだという事実

祖父のこと

祖父は、8人兄弟の末っ子として、秘境の地(ど田舎)で生まれ育ちました

もともと好奇心が旺盛だったのか、村で唯一、トラックの運転を生業にしていたそうです

『乗っていくかい?』って声をかけてもらって、おじいさんにはずいぶんお世話になったという話は、私も地域の人から聞いたことがありました

なにより、顔も整っていたらしいです

  • 村で唯一の車もち
  • 気さくで優しい
  • 男前

大正時代にもしSNSがあれば、地域を越えて人気者だったかも(笑)

祖父母の出逢い

そんな祖父は、トラックの仕事で京都へ出張したとき、京都娘と出逢い、恋に落ちたらしいのです

想い出は胸の中に

こんなやり取りがあったはず

  • お嬢さんここの人?
  • かわいいね(*´・ω-)b
  • 次に来るときは、縁談としての話もってきていいかな?
  • うん、お嫁さんになってくれないかなってこと
  • ここに、住所書いて(笑)

以上、私の想像を膨らませた結果です 

失礼しました

お見合いが当たり前の時代に、田舎の青年との運命の恋♥️

時代を越えて刺激的

そして、ついに

嫁入りの日を迎えることに

つづく

スポンサーリンク
うめちゃんのステキな毎日

コメント