【一流】の人間の行動パターン 突き抜けるまで徹底的に真似よう! 

スポンサーリンク
恋愛/家族/生き方
スポンサーリンク

この記事は、私がこれまで出会った一流の人間に対して、リスペクトをもって分析したものです

スポンサーリンク

一流の定義

一流とは・・・

各分野で1位の立場にいることを定義します

 一流のサービス

一流の企業

そして、

一流の人間

今回は、私がこれまで出会った

一流の人間に対して

リスペクトをもって、分析し

大きく5つにまとめてみました❗

※私自身は一流を目指している段階です

結論 一流の人間とは

  1. 気遣いが出来、感謝を口にする
  2. ポジティブとネガティブが同居する
  3. コケたあとの起き上がり方が丁寧
  4. 好奇心のドアが常にオープンである
  5. 小さく行動し、大きく学ぶ姿勢がある

解説します

1.気遣いが出来、感謝を口にする

これ本当に基本❗

人間が出来ている一流の人は

気遣いがスゴい

高いところからではなく、何段も下まで降りて来てくれて

こちらの理解度に合わせた言葉を選んでくれる✨』

その言動に、男女問わず惚れる❗

そして

『私にとっても学びになって、充実しました✨ありがとう』

とか言われたらもう昇天( 〃▽〃)♥️⤴️

感謝の破壊力

ハンパない

▪▪▪ 

若干取り乱してしまいました

では、続いて

2.ポジティブとネガティブが同居する

言い換えれば、

大胆さと慎重さを合わせもつ

勢いがある時は

勢いに乗り

勢いが無くなる前に

ぱっと次の対策を考える

本人は『運が良かっただけ✨』と言うが

実は違う (-д- 三 -д-)

能ある鷹は▪▪▪である

3.コケたあとの起き上がり方が丁寧

失敗しても

原因が『人』とは考えない

  • 自身の努力が足りない
  • 相手の注意力が足りない
  • 相手の考え方がおかしい

などと考えても解決しないことを

間違いなく

理解している✨

変えるのは仕組みとルール

あえて人に原因を付けるなら、

自身の考え方

とらえることが出来る

そして、失敗したときに関わってくれた方への恩を忘れない姿勢が見受けられる

4.好奇心のドアが常にオープンである

人に与えられたチャンスは

二通りある

  • 掴みに行ったチャンス
  • 舞い込んで来たチャンス

どちらのチャンスにも

好奇心の存在は

欠かせないことを

一流の人は知っている

特に、チャンスが舞い込む余白を持つために、心と時間のゆとり作りを大切にする

5.小さく行動し大きく学ぶ姿勢がある

三流は、大きく行動し、致命傷を負う

二流は、小さく行動し、やめる

一流は、小さく行動し、大きく学ぶ、そして突き抜ける❗

突き抜けていく過程で、共感する人が集まり、人の集まるところにチャンスも生まれる☆

まとめ

以上、

一流を目指している人間から見た

一流の人間の

行動パターンでした✨

一流であるあなたたちの生き方から学べたことは、私の誇りです

私は突き抜けるまで

徹底的に真似ます 

そうTTP❗

徹底 的に パクれで

良いんです

(*^^*) そして

真似が真似でなくなった瞬間が、一流へのドアを開く瞬間なのかもしれませんね☺️

読んで頂き

ありがとうございました🍀

☺️共にステキな生き方を

共有しましょう🎵

↓一流はみんな知っていること

スポンサーリンク
うめちゃんのステキな毎日

コメント