初心者も分かる!企業型DC(確定拠出年金)とは?

スポンサーリンク
お金モテ
スポンサーリンク

退職金制度から、自分で運用の企業型DC(確定拠出年金)への切り替えを職場で説明されたものの・・・

全く理解出来なかった方に向けて優しく分かるようにと想いを込めた記事です

企業型DCは

制度を理解していないと

税金対策面から見ても

非常にもったいない

ポイントを押さえた解説をします

スポンサーリンク

企業型DCとは?

企業があなたのために、掛金を毎月積み立て(拠出)し、従業員(加入者)自身が年金資産の運用を行う制度です

※iDeCo=確定拠出型年金(個人型)という制度もあります

金融商品の選択

従業員は掛金をもとに、

金融商品の選択(買う)

を行います

うめちゃん
うめちゃん

金融商品は

《株式・債権・元本保証・バランス型》などがあります

金融商品については

後日、解説します

金融資産の現金化

定年退職を迎える60歳以降に、積み立ててきた年金資産を一時金(退職金)、もしくは年金の形式で受け取ります

うめちゃん
うめちゃん

※積み立てた年金資産は原則60歳まで引き出すことはできません

企業が拠出する掛金だけじゃ物足りない方は、自身掛金を上乗せすることも可能です

うめちゃん
うめちゃん

子供の教育資金や、親の介護等の出費面から見たライフスタイルの変化にも対応するために、自己拠出は余力の資金でしましょう❗

企業型DCの3つの税制優遇

企業型DCには3つの税制優遇措置があります

ここを上手く活用することが

優良家計へのポイントです👛✨

1、運用益が非課税

企業型DCの運用で得た利益は全額非課税になります

一般的な金融商品(個別株やFX等)は運用益に対しては約20%の税金がかかります

2、受け取り時の税制優遇

積み立ててきた年金資産は60歳以降、一時金年金の形式かで受け取ることになりますが、どちらの形式でも税制優遇が受けられます

一時金であれば《退職所得控除》年金であれば《公的年金等控除》が受けられ、税金を軽減することが出来ます

3、自己拠出は所得税対策

自己拠出した掛金については、全額所得控除の対象となり、所得税・住民税が軽減されます

うめちゃん
うめちゃん

つまり、自己拠出することで税金がdown⬇️します

特に《累進課税》の境目の方は

対策効果が大きいです❗効率的に年収を下げることで手取りが多くなります

695万と900万を越えると税率が上がるので非効率❗

結論

・企業型DCを上手く活用しましょう

老後に備えるだけではなく

税金対策でも充実させる

それが企業型DC👛

投資は怖い!と思う方へ

よく分からないから、全額元本保証はNGですよね

知らないことは、この記事で

ぜひ知って下さいね

ちなみにとある企業での加入者の資金の41%に当たる金額が元本保証で運用されています

次回は全額元本保証のリスク

についてまとめます

お楽しみに!



今回の記事への想いを

音声配信に込めてみました⬇️

こちらにリンク貼っておきます🎵

皆さんに喜んでもらえるブロガーでありたい♥️ - #うめ塾 | stand.fm
■心が強くない人も生き易くなるコツを      1,100名の皆様とシェアする番組です。 ■高卒ニート·貯蓄0余裕なし脱出。 ■3人の子の父です👦👧🧒 ■僕をフォローすると変わること  ・現在の生き方  ・未来の選択肢  ・過去の捉え方 ...

⬇️

スポンサーリンク
うめちゃんのステキな毎日

コメント